Salon

構造/セキュリティ

STRUCTURE[構造]
確かな品質とは、将来にわたって安⼼できることです。

場所打ちコンクリート拡底杭

マンションを⽀える杭は、その先端を⽀持基盤となる強固な地層まで打ち込み、杭先端の⽀持⼒によって建物の堅牢性を⾼めます。 場所打ちコンクリート拡底杭

断熱性を⼗分考慮した構造・躯体

外壁にRC壁(鉄筋コンクリート)約160mmかALC壁(気泡コンクリート)約100mmを採⽤し、内側には断熱材を吹き付け、空気層を挟んで約9.5mm厚のプラスターボードを貼り付けることで、建物全体に⾼い断熱性をもたせています。 断熱性を⼗分考慮した構造・躯体


中空ダイヤモンドボイド⼯法

床の剛性を⾼め、厚さも約250mm(⼀部除く)を実現。天井の⼩梁が出ないように配慮しました。⼩梁がないと視覚的に広さを感じるだけでなく、デッドスペースが発⽣しにくくなります。 中空ダイヤモンドボイド⼯法

防⾳性に優れた⼾境壁

住⼾間の⼾境壁は鉄筋コンクリート造を採⽤。これにより⾼い遮⾳性能を実現、隣⼾への⾳漏れを抑えています。


防⾳性に優れた⼾境壁

アウトポール設計

室内に柱型を出さずに、バルコニーや廊下側に出し、室内がすっきりと広くなり、家具を置きやすい設計を用いています。


アウトポール設計


溶接閉鎖フープ筋で建物の強度をアップ

柱には、全階にわたり溶接閉鎖型フープ筋を採用。地震の際の強い揺れにも主筋をしっかり拘束し、粘り強い構造性能を実現。高水準の耐震性を誇ります。溶接閉鎖フープ筋で建物の強度をアップ

壁と床の境界に断熱対策

⾼い断熱効果と結露対策のために壁や床の境界にも断熱材を豊富に充填。快適で健康的な居住空間を実現します。1階部分や屋上にもしっかり外断熱を実施しました。壁と床の境界に断熱対策

排⽔⾳が伝わりにくい遮⾳材を採⽤

各住⼾のパイプスペース内の排⽔縦管は排⽔⾳を低減させる遮⾳材、壁にはグラスウールでカバーしました。⽔の流れる⾳が伝わりにくく、静かな居住空間を演出します。排⽔⾳が伝わりにくい遮⾳材を採⽤


コンクリートの劣化を防ぐ⽔セメント⽐50%以下

コンクリートの劣化を低減するために、セメントの重量に対して⽔の重量の割合を50%以下に設定。⽔セメント⽐は⼩さいほど強度が上がり、耐久性もアップします。コンクリートの劣化を防ぐ⽔セメント⽐50%以下

⻑期に渡り耐久性を維持するコンクリート強度※1

供⽤限界期間※2がおよそ100年であるとされてる設計基準強度FC:24〜39N/m㎡のコンクリートを採⽤しています。これは1㎡あたり約2,400〜3,900tの圧縮に耐える強さを⽰します。⻑期に渡り耐久性を維持するコンクリート強度 供⽤限界期間※2がおよそ100年であるとされてる設計基準強度FC:24〜39N/m㎡のコンクリートを採⽤しています。これは1㎡あたり約2,400〜3,900tの圧縮に耐える強さを⽰します。

ラルステージ横川駅前
マンションサロン

0120-4848-86

↑